さみしい

最近、私の恋人をテレビで見ない日はない。 

この部屋で顔を合わせる時間よりも、テレビで見る時間の方が長いかもしれない。

どんどん遠くに行ってしまうように感じる。

 

今夜もまだ帰らない。

 

さみしい。

 

負担になりそうだから独り言として吐き出す。

 

 

真夜中の3時頃にドアが開く音が聞こえた。

定位置にカバンとメガネを置く音。

手洗いが終わったら、いつもまず寝室を覗いてくる。

私が寝ているのを確認してからシャワーを浴びる。いつもは。

 

 

でも今夜は寂しさが募り、思わず彼の手を取ってしまった。

 

 

「あれ?起こしちゃった?」

 

 

それには答えずに彼に抱きついてしまった。とにかく恋しくて。

 

 

「なーに、寝ぼけてるの?」

 

 

そんなわけないじゃない!私は寂しくて寂しくて仕方なかったの!

と思って顔を上げたら、彼は私に深いキスをくれた。

 

 

あぁ、体が溶けてゆく・・・

 

 

「シャワーまだだけど、抱いていい?ガマンできねーわ」

広告を非表示にする

横顔

隣の部屋からはカタカタとPCのキーボードを打つ音が聞こえる。何かに集中しているその横顔を眺めるのが好き。なんてキレイなんだろうと思う。

 

 

ふと彼が顔を上げ、こちらを向いて笑顔を見せる。

「ゴメン、もうすぐ終わるから」

 

 

 

いいの。私はあなたを見ているのが好きなの。見ているだけでも満たされてしまう。でもこれは彼には言わない。

 

 

しばらくして、彼がこちらにやってきて隣に座る。

「終わった~これでしばらくゆっくりできる~」

 

そう言いながら、彼の手が私のTシャツの中にするりと入ってくる。

「ね、セックスしよ。」

 

え?まだ夕方だし・・・

 

 

「時間なんて関係なくね?オレは今すぐしたい。」

広告を非表示にする

ラジオ終わり

今夜はホシノゲェェェンのオールナイトニッポン

ラジオの仕事は大好きだ。リスナーとのやり取りも面白い。

あっという間に2時間が経ってしまう。

 

 

ラジオが終わって帰宅し、寝る頃にはもう明け方になってる。

ベッドに潜り込んで彼女のおっぱい揉みながら、ただいま~と帰宅を告げる。

 

「・・・おかえり・・・」

 

ラジオ聞いてくれてたかい?

 

「聞きながら寝ちゃったみたいだけど・・・ドリンクタイムがいつもよりエロかったよ」

 

そうなんだよ~昨日のセックスを思い出しながらやったからね!

 

「エロ過ぎるよ源さん・・・」

 

また眠りに落ちそうな彼女の体を撫でながら言う。

今から続きをしませんか?

広告を非表示にする

不貞寝する

せっかくお正月休み10連休もらったのに、オレとしたことが風邪を引いてしまった・・・。

彼女と温泉に行こうか、実家に連れて行こうか、家でイチャイチャゴロゴロしようか、、、

全て計画が丸つぶれになってしまった。

彼女も楽しみにしていただろう。ずっと看病をさせていて申し訳ない。

 

「いいよ~気にしないで。昨年は忙し過ぎたもんね、ゆっくり休んでね」

 

優しい彼女の言葉に癒されながら眠りに落ちる・・・

 

 

 

ん?

 

 

なんだコレ?

 

 

何だか変な気に・・・

 

 

 ええー?

 

 

ちょ、ちょっと待ったーッ!

 

 

カノジョさん、オレの股間を弄んでるーーーッ!

 

「あ、起きちゃった?」

 

起きちゃったじゃないでしょーに!

風邪引いてるからエロは封印してたのに!ガマンしてるのに!

あああ、もうガマンできないよ・・・

起き上がって彼女にチューをしようとしたら、

 

「風邪うつるからダメぇ~」

 

ヒドイ、酷すぎる、こんなことって・・・

このポッポした体、どうすりゃいいのさーーーーー

広告を非表示にする