読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鎮める

もうすぐ3月なのにまだまだ冷えますね、こんにちは星野源です。

今日の仕事は午後からだから、午前中は彼女とゆっくり過ごしてます。

朝ご飯食べてからコーヒー飲んだり、ワイドショー見たりして。

 

 

 

彼女は食器洗ったり洗濯したり、パタパタと家事をこなしてくれてる。

それをボンヤリと眺めるのも至福の時間。

 

 

 

無心でボーっとしていたのにもかかわらず、オレのものがムクムクと大きくなってきたような・・・

なんでこのタイミングで!?

昨夜したばっかりなのになぁ~それにそろそろ出掛ける用意をしなくちゃいけないのに。

 

 

 

「源さぁーん、ちょっとコレ取ってくれる?」

 

 

 

彼女に呼ばれたけど、今は立ち上がれないぞ。どうしよう。

ちょっと待ってくれ、オレに鎮める時間をちょうだい。

 

 

 

「早くー 何してるの?」

 

 

 

うー

ダメだ、鎮めようとすればするほど硬くなってくる。逆効果だ。

いくら下ネタ好きとか言ってたって、常にムラムラしてるとか思われたくないし!

こんなの見られたら結構恥ずかしいのよ。

 

 

 

いつまでも立ち上がろうとしないオレを見て、不審な視線を向けてくる。

もうちょっと待って、あと5分待って!

勘の鋭い彼女だけに、見抜かれないかヒヤヒヤする。

 

 

 

「ははーん、源さんどうかしたのぉ?」

 

 

 

汗が滝のように流れてきてるような錯覚さえある。

もうダメだ・・・

 

 

 

「やっぱり!源さんテント張ってる!」

「いーやーらーしーいー」

なんだか彼女は楽しそうだ。こちらは必死なのに!

 

 

 

バカにすると今から襲っちゃうよ?

まだ外は明るいんだぞ!いいのか!

って、もうすぐ出掛ける時間だ、切ない。。。

広告を非表示にする