読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

告白 1

今夜は友達の家で飲み会でして。

その中に気になるというか、好きな女子がいるんです。

仲はいいけど完全に友達扱いされてて、飲めないオレはいつも介抱役。

それも嬉しいんだけどさ、特別な関係に・・とりあえずもう一歩親しくなりたいと思ってる。

 

 

 

彼女は色白で、飲むと頬がほんのり赤くなって更に可愛くなる。

そんな様子を見てるのが好きだし、彼女の話を聞くことも好きだ。

笑顔もとても可愛い、何をしてても可愛い。

そう、とにかく大好きなんです。。

 

 

 

 

今日は飲むペース早いんじゃない?

「今日は源くんいるから大丈夫!」

 

 

 

大丈夫って言われてもねぇ・・・。そのうち襲いますよぉ?いいんですかっ?

 

 

 

「あれ、お酒足りないね? 源くん、一緒に買出し行こ!」

彼女に連れられて一緒に部屋を出る。

完全に安全牌だと思われてるよなぁオレ。。

 

 

 

 

「外の空気気持ちいいね~」

2人で並んで歩くとデートしてるみたいでドキドキする。あぁ、手をつなぎたい!

 

 

 

 

 コンビニからの帰り道、たわいもない会話の後に彼女が言った。 

 

 

 

 

「源くんはさ、好きな子いるの?」

 

 

 

 

こんなこと聞かれると思わなくてドキッとした。

 

 

 

 

「いるよ」

 

それはあなたです。

 

 

 

 

「そっか~。 きっとその子も源くんのこと好きだと思うな」

 

どうして?

 

 

 

 

「だって優しいもん。源くんはみんなに好かれてるよ。私も源くんのこと好きだし」

 

 

 

 

え? いま好きって言った?

これって友達として好きってこと?それとも男として?

ここでまさかの告白のチャンス到来か?

 

「オレが好きなのはー」

広告を非表示にする