読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鎮める

もうすぐ3月なのにまだまだ冷えますね、こんにちは星野源です。

今日の仕事は午後からだから、午前中は彼女とゆっくり過ごしてます。

朝ご飯食べてからコーヒー飲んだり、ワイドショー見たりして。

 

 

 

彼女は食器洗ったり洗濯したり、パタパタと家事をこなしてくれてる。

それをボンヤリと眺めるのも至福の時間。

 

 

 

無心でボーっとしていたのにもかかわらず、オレのものがムクムクと大きくなってきたような・・・

なんでこのタイミングで!?

昨夜したばっかりなのになぁ~それにそろそろ出掛ける用意をしなくちゃいけないのに。

 

 

 

「源さぁーん、ちょっとコレ取ってくれる?」

 

 

 

彼女に呼ばれたけど、今は立ち上がれないぞ。どうしよう。

ちょっと待ってくれ、オレに鎮める時間をちょうだい。

 

 

 

「早くー 何してるの?」

 

 

 

うー

ダメだ、鎮めようとすればするほど硬くなってくる。逆効果だ。

いくら下ネタ好きとか言ってたって、常にムラムラしてるとか思われたくないし!

こんなの見られたら結構恥ずかしいのよ。

 

 

 

いつまでも立ち上がろうとしないオレを見て、不審な視線を向けてくる。

もうちょっと待って、あと5分待って!

勘の鋭い彼女だけに、見抜かれないかヒヤヒヤする。

 

 

 

「ははーん、源さんどうかしたのぉ?」

 

 

 

汗が滝のように流れてきてるような錯覚さえある。

もうダメだ・・・

 

 

 

「やっぱり!源さんテント張ってる!」

「いーやーらーしーいー」

なんだか彼女は楽しそうだ。こちらは必死なのに!

 

 

 

バカにすると今から襲っちゃうよ?

まだ外は明るいんだぞ!いいのか!

って、もうすぐ出掛ける時間だ、切ない。。。

広告を非表示にする

ラブシーン

今夜はオレが出演しているドラマの放送日。

いつもは一緒に見てるけど、今夜彼女はウチには来ないらしい。

今回はオレのラブシーンがあるから、見たくないんだってさ。

 

 

仕事とはいえ、他の女とハグしたりキスしてるんだもんなぁ。

逆の立場なら、オレも絶対見たくない。 

放送が終わった頃、彼女からLINEが入った。

 

 

「 涙  今から行ってもいい? 」

 

 

涙? 泣いてる? どうした?

やっぱり一人でドラマ見てたんだな、きっと。

 

 

しばらくして彼女が目を赤くしてやってきた。泣いた後の顔だ。

「見ないと決めてたのに見ちゃった・・・。でもすごく良いシーンだったね。ちょっと嫉妬しちゃったけど。」

 

 

仕事とはいえゴメンな。でも、よい作品だと思って出演を決めたんだよ。

 

 

「うん、分かるよ。源さんの顔見たら元気でてきた。もう大丈夫。」

 

 

今夜はいつもより優しく愛してあげようと思う。 

広告を非表示にする

充電

「少しだけど空き時間できたから一旦帰宅するよー」

 

 

珍しく昼間に彼からLINEが入る。

仕事が忙しい彼の帰宅は毎日日付が変わってからだけど、

少しでも時間ができると、私のために使ってくれる。

私としては少しでも体を休めて欲しいと思っているけど、

彼のその気持ちは素直に嬉しい。

 

 

 

間もなく彼が帰ってきた。

「疲れたぁ~ちょっと充電!」

 

 

 

そう言いながら私を抱きしめる。

「あんまり時間ないんだけど・・・最近できてないから・・・したい」

 

 

 

この流れの予感はあったけど、実際言われるとドキドキしてしまう。

彼は私の手をとってベッドに向かう。

 

 

 

 

「んー、やっぱりひざ枕だけにしとこうかな」

え?と思わず聞き返してしまう。

 

 

 

「体目当てだと思われたくないしね、なんて。ちょっと顔を見に帰っただけだから。30分経ったら起こしてね。」

そういって彼はスーッと眠ってしまった。

 

 

 

 

「そんなこと思ってないよ・・・」

彼のフワフワな前髪を撫でながらそう呟く。

こうして会えるだけで私は十分幸せなんだよ。

 

 

 

 

30分後に彼を起こしてからコーヒーを一緒に飲む。

今日の仕事のこと、これからの仕事のことなんかを話してくれる。

好きな仕事の話をしている彼はとても楽しそうでキラキラしている。

こういう何気ない時間はあっという間に過ぎてしまう。 

 

 

 

 

「充電完了~!さぁ、また仕事に行きますかぁ。今夜も遅くなりそうだけど、もし早く帰れたらイチャイチャしようね」

ふわっと甘いキスをしてから、彼は再び出掛けていった。

広告を非表示にする

仲直り

「もういい。オレ仕事行くから」

 

珍しく彼女とケンカした。

彼女のことを心配して言った一言に彼女が反論したからだ。

時間がなくて途中で家を出てきてしまったが、非常に気分が悪い。

 

 

 

仕事してても気になってしまってなかなか集中できないじゃないか。

早く仲直りしたいけど、オレから折れたくはない。

あぁ、今晩帰宅するの気まずいなぁ・・・。

 

 

 

 

仕事の合間にスマホ見たら、彼女からLINEが入ってた。

早く読みたいような読みたくないような、、別れのメッセージとか入ってたらどうするオレ?

自分は悪くないのに、ネガティブなことしか思い浮かばない。

 

 

 

「源さんごめんなさい。今日は何時に帰ってくるの?」

 

 

 

ちょっとホッとした。

でも、LINEで謝って終わりにして欲しくないから、

 

 

 

「直接会って謝って欲しい。今日は21時ごろ帰れるかな。」

と送り、

「仲直りのチューはおまえからね」

 

 

 

こんなメッセージ送ってる時点でオレもう許しちゃってるんだなぁ。。

早く彼女と仲直りしたい。今朝しなかったチューしたい。イチャイチャしたい。

広告を非表示にする

バレンタイン

バレンタインというイベント、大好きです!

彼女がいてもいなくてもドキドキするし、男子にとっては大事な日なんです!

 

 

仕事先ではたくさんチョコをもらった。すごく嬉しいです。でも一番欲しいのは彼女からのチョコ。今年はどんなのだろうか?きっとオレへの愛がギュッと詰まった濃厚なヤツだよね、そうであって欲しい。今日は急いで帰宅しよう。だって14日に貰いたいし!

 

 

 

ってなんだかんだで仕事が終わらず帰宅は深夜になってしまった・・・。あぁ、オレのチョコ。もう彼女は寝ちゃってるだろうか。

ただいまー。

 

 

「おかえりなさいー。お仕事お疲れさま!」

おぉ、待っててくれたのね!

 

 

「源さん、もうたくさんチョコ貰ってるだろうけど、これ・・・」

 

 

これですこれです、オレが欲しかったのは!あなたからの本命チョコが欲しかったのよ!彼女がいるんだから、14日にもらいたかったんです。

ありがとうと言った瞬間、彼女がオレを抱きしめて言う。

 

 

「源さん大好きよ」

 

 

いやもう最高っす!彼女の甘い香りとチョコの香りでワタクシ星野源、やられてしまいました!

箱を開けると、カワイイハート型のチョコでした~。やっぱりバレンタインはハート型だよね。

 

 

「美味しい?」

 

 

はい、美味しいです、最高に美味しいです!

口にチョコが入ったまま彼女にキスをする。

 

 

「あはは、甘いよ~。もう歯を磨いたのに~」

 

 

と彼女は言ったけど、今度は彼女から甘くて深いキスをくれる。

 

 

「源さん、今夜はいっぱいしたいの・・・」

 

 

彼女からのストレートなお誘い。最高のバレンタインデーになりそうです。

広告を非表示にする

すべった

どうも、星野源です。

先日軽い気持ちで、「最近太ったんじゃない?」と言って彼女を怒らせてしまいました。

 

 

 

そう思ったのは確かなんだけど、彼女はどちらかというと細めの体型。言うべきじゃなかったんだ。つい口がすべってしまった。もちろんすぐに謝ったけど、許してくれない。

 

 

 

「ワタシは太ってるのでご飯食べません」

なんて言って、一緒にご飯を食べてくれない。

一緒にいるのに一緒に食べないなんて、美味しくないよ。

 

 

 

一緒にお風呂に入ってくれないし、セックスどころかキスもしてくれない。

 

 

 

毎日セックスしたら痩せるんじゃない?って思いついたけど、そんなこと言ったら火に油を注ぐようなものだし。

いったいどうしたらいいのでしょうか。みなさん教えてください。

広告を非表示にする

匂い

女性の匂いが大好きです。

あのフワっとした甘い、女子の匂い。

基本的にどんな女子の匂いもウェルカムだけど、

彼女の匂いは特別なんだよね。

 

 

近づいた時にクンクンしてみると、それだけでムラっとする。抱きたくなる。

でも彼女は、

「なーにー?源さん犬みたい!」と言って笑う。

 

 

仕事中にふと彼女の匂いを思い出すことがあって、

そんなときは集中力が途切れる。

早く帰って思う存分、匂いを嗅ぎたいと思う。

 

 

今夜帰宅したら、シャワー浴びる前に彼女を抱いてしまうかもしれない。

お互いの匂いを感じながらのセックスは最高だよね。

こんなことを考えながら、今日もお仕事頑張ってます。

広告を非表示にする